RSS
 

Archive for the ‘まちづくり’ Category

市民の力でおもてなし

21 6月

各部門で協力者募集中 「勝山ふるさと祭」実行委員会では下記の各部門で協力者を募集しています。

『盆踊り部会』では「盆踊り大会」実施にあたり、直前に『民踊まち流し』を行います。下記の二つの部門の参加者を募集していますのでご協力のほどよろしくお願いします。

 

『勝山ふるさと祭』の最後は『盆踊り大会』で終わることになっている。その盆踊り大会に踊る曲目は、盆踊り部門のスタッフが相談して以下の5曲と決めました。

・長柄節 ・千本搗き ・勝山小唄 ・勝山ほがらか音頭 ・チャマゴン音頭

盆踊りは見よう見まねで踊ればいいのですが、それでも不安な人のために各地区毎に練習会を開催します。しかし、それらの練習会に参加できない市民の皆さんや帰省客の皆さんのために『盆踊り部会』では練習のための映像を作成し、YouTubeにアップしました。今後、練習用のDVDも作成し、団体には無料で配布する予定です。

「盆踊り大会」開催直前に「民踊まち流し」を行います。『勝山よいとこ』により会場周辺を踊りながら歩きます。『町流し踊り隊』と『まち流し伴奏隊』を募集しています。

 

 

 

『勝山ふるさと祭』開催まで2ヶ月を切る

18 6月

突然訪れた大役 正月前後に「お盆に盆踊りをやるなどして賑わいを創り出してほしい」というような依頼が市の方からあった。その後、市長以下担当部長・課長・GLなどと何度か話しながらこの大役を引き受けることにした。3月にいくらかの予算が付いて4月から始動。

祭りのコンセプト 盆踊りだけでは人は集まらない。この祭りのコンセプトは「何をやるにしても自分たちの手で市民・帰省客そして観光客をおもてなししよう」ということに決めた。「お祭り広場」を市民や帰省客の「出会いの広場」にしたいと思う。
あれこれ仲間と話し合いながら、下記のような概要を決めた。とにかく、自分たち市民の手でこの祭りを成し遂げることだ。市外の方の応援があればなお嬉しいが、安易にどこかの業者には丸投げすることだけは止めようと決意した。

祭りのテーマ 祭りのテーマはズバリ「ふるさと」である。この「ふるさと祭」を通して心暖まるふるさとのよさを出せればよいと思う。
私は“ふるさと”を次のように定義付けている。
  「ふるさと」とは
    ・家族以外に関わった人がいる
    ・我が家以外に関わった場所がある
     ところである(いずれも義務的ではない)。
 この二つを満たしている場所(ふるさと)を持っている人はそんなに多くはないと思う。学校や塾など習い事の場所と自宅との行き来、学校や習い事の先生や監督との関わりだけでは生まれた場所が「ふるさと」にはなりがたいのではないかと思っている。今や多くの人にとっては、「我が家あってふるさとなし」の状況が続いているのではなかろうか。
次世代を担う子供達には、「仲間と暗くなるまで遊んだ場所があり、心置きなく交わった仲間のいる(信頼できる大人がいる)ところ」に我が勝山がなってほしいと願う。

祭りのためのブログに 祭りが済むまで私のこのブログは『勝山ふるさと祭』のために活用しようと決めた。市民と市外を結ぶパイプになれば嬉しい。何でも気楽に書いていただきたいと思う。このブログが地域の交わりの場、市外・県外と勝山を結ぶ場所になればと思う。

『ふるさと祭』の概要

 

楽しい激励会……健康回復を願って

09 3月

歓談5時間……元気をもらう
つい先日、「恐竜のまち勝山応援隊」のUさんが体を壊したということを聞き、慌てて「夢オーレ勝山」のYさんに電話をした。「Uさんの健康回復を願って激励会をしましょう」と。

早速、Yさんが段取りをしてくれて、今日、市内の居酒屋「F」で“Uさんの激励会”を開くことができた。Uさんの元気な顔を見て少し安心した。これからも無理をしないで勝山のために頑張ってもらいたいと思う。

UさんとYさんは同級生。私よりも5歳年下だが、かつては同じ職場で、文字通り「苦楽をともにした仲間」だ。いろんな困難に遭遇したが、彼らのおかげでどうにか耐えることができたと感謝している。

二人とも、私流に言えば、「リーダーにも兵隊にもなれる優れた人材」だ。自称“リーダー”は数多く見てきたが、本人はリーダーのつもりでも仲間の信頼を得られず、人を動かせない場合が少なくない。

それに比べて二人は違う。昔を語り、今を語り、将来を語れるからだ。そして、何よりも素晴らしいのは、自ら汗を流し、率先して動けることだ。二人ともこれからの勝山にはなくてはならない貴重な人材だと思う。

仕事のこと、まちづくりのこと、勝山のこと、……、話題は尽きなかった。こんなに楽しい飲み会は久しぶりだ。二人は目を輝かせてこれからのことを話してくれた。

これからの「恐竜のまち勝山応援隊」と「夢オーレ勝山」の動きから目を離せないだろう。いろんな素晴らしいアクションが生まれそうだ。二人の話から、私も元気をいただいた。

3人が共通認識を持ったことは、「市の活性化は、そこに住む市民が地域を愛し、地域に誇りを持ち、自ら行動することからしか始まらない」ということだった。他人任せではまちの活性化は望めないと言うことだ。

それには、行動力のあるリーダーが必要だと思う。彼ら二人に続くリーダーが育たなければ、地域の衰退は避けられないだろうと思う。彼らの熱い想いを聞きながら、私も元気をもらった5時間だった。まだまだ話したい気分だった。

 

鹿谷町雪祭り~雪像作りほか~

15 2月

忙しい一日

平成三猿(左側面・正面・右側面の各像)

平成三猿(左側面・正面・右側面の各像)

今日は鹿谷雪祭り。先ずは、9時までに雪像作り会場へ行かなければならない。そして、会場では、シートで覆われた雪像の目の調整。しかし、雪はもろく、下手に手を付けると崩れてしまう。せめてもと思って、目の周りだけ修正した。

雨はなかなか止まない。ある程度調整した後、体育館へ。そして、お囃子用の太鼓を体育館横へ運んだ。しばらくして、衣装を替え、体育館のステージ横へ。

午前11時過ぎに本番。「鹿谷すいせん会」の皆さんの銭太鼓の応援。私と仲間のYさんが太鼓と歌で応援。音楽に乗って思い切り、太鼓をたたいた。Yさんも乗っているようだった。

踊りを指導をしたボランティアグループ「ポッポの会」のみなさんの佐渡おけさ

踊りを指導をしたボランティアグループ「ポッポの会」のみなさんの佐渡おけさ

その後、体育館で北部中学校の生徒の発表や和太鼓の演技を見た。また、「佐渡おけさ」を指導したおばさん達の笠の被り方を直したりしてあげた。そして演技を見た。まあまあだった。

途中で、仲間から雪像作りの表彰があるので、会場にいるよう頼まれた。そして、いよいよ雪像の表彰式。十分なできではなかったが優勝だった。

表彰式では、吉本の漫才コンビニインタビューを受けた。「昔と逆で今は、よーく見なサル、よーく聞きなサル、そして、しっかり話しなサルが平成三猿です。」と説明すると、「ネタをとられたなあ」と冗談が入った。

仲間のTさんと二人で表彰状2枚、賞金五万円、トロフィー、ビール一ケースをいただいた。今日までの苦労が吹き飛んだ気持ちだ。いい雪祭りだった。午後6時から長兵衛で反省会。大いに盛り上がった。

 

あぁ、「雪像作り」

13 2月

ザラメ雪に悪戦苦闘
雪像作り初日は13日の土曜日。朝8時半に雪像作りの会場へ行ってあっと驚く。与えられた形が円柱だったからだ。しまったと思ったが、どうしようもない。我がチーム「エコ協愉快な仲間達」の誰もまだが来ていなかったので、場所を決めるくじを引いた。

最初、私が予測していたのは直径2.5m高さ2.5mの円柱だと思って設計図を描いた。そして、チームの打ち合わせに設計図を持って行くと、「1辺2.5mの立方体だ」と皆が言う。

底面が円であるのと正方形ではかなり様子が違う。慌てて図を描き直した。私が考えたのは「平成三猿」だ。「よーく見なサル、よーく聞きなサル、そして、しっかり話しなサル」の三つの像を造るつもりだったので、3匹の納め方が大きく変わってしまうからだ。

てっきり立方体だと思って会場に行ってみると、円柱だったので、考えてきた図面はあまり役に立たない。図面が当てにならないので、勘で雪にスプレーで線を描き、チェンソーで切り出してもらった。

そして、メンバーが手分けして一斉に削りながら3匹のサルの形を作っていった。ザラメ雪なので本当に苦労した。小雨の中の作業。途中からシートをかけての作業。朝8時半過ぎから午後4時頃まで作業をした。ある程度のところで妥協して帰宅した。結果はどうなるだろうか?

 

頼まれたら快く……

11 2月

雪祭りの雪像作り
私は、他人にものを頼まれたら、大概のことは引き受けることにしている。他人の役に立つのならと思うのだが、そのために多くの時間をとられたり、後から苦労することも少なくない。

ここ数日苦労していることは、鹿谷の雪祭りの雪像作りだ。知人から雪像のアイディアを頼まれて快く引き受けたのだが、何を作るかを考えるだけで苦労する。

一辺が2.5mの立方体(雪の塊)が各グループに与えられるという。これを雪祭りの前日である土曜日の午前8時から午後5時までかけて作り上げるのというのだ。

テーマは「可愛い動物」だという。だからといって、例えば「可愛い子猫」を作ってみてもどうしようもないだろう。どうせやるならメッセージ性のある動物像を作りたいと思う。

暖冬である今年の雪の状態だと、削りすぎて、後からくっつけようとしても今の温度では簡単ではないだろう。先日のミーティングで私が提案したのは3体の動物を作るアイディアだ。そう思うとさらに悩んでしまう。

先ずは、正面、側面図、平面図を描き、次に、雪の塊のどこからどのようにして作業を始めるかを考えた。雪の塊をチェンソーで削りなが形を作っていくからだ。

各種の図面を描き、寸法を入れた作業手順も図で描いたりした。段取りにかなりの時間がかかった。前日も当日も高温で雨だという予報が出ている。どうなることやら心配である。

 

地域の活性化に向けて

18 1月

地区の活性化委員会新年初会合
今日は、午前中、今年初めての「猪野瀨地区活性化委員会」だ。ここ2年間は、主に、既存事業の活性化に力を注いできた。

各町に市から配分されている「地域力向上基金」の一部を使って、各集落のイベントに使ってもらえればと、イベントに使ういろんな器具などを購入してきた。すでに、いくつかの地区ではそれらを使って地区のイベントを盛り上げているようだ。

活性化委員会での話し合い

活性化委員会での話し合い

そのほか、地区のいろんな団体に使ってもらえればとカラフルなイベント用小型テントも購入してきた。文化祭では、これらのテントを使って会場の盛り上げに役立てている。

今日の活性化委員会では、既存事業の活性化や地域のイベントの盛り上げ支援の他、この「活性化委員会」独自のイベントをやってもいいのではないかと思っている。

私自身は、かねてから、「地域の祭り」を提案している。地域の「特産物作りとその販売」、「加工食品作りとその販売」、「郷土芸能や特技・習い事などの発表」や「老若男女が一つになった盆踊り」などを総合した「まつり(イベント)」を行うことが夢だ。

主役は地域住民であり、「させられるイベント」から「するイベント」への転換を目指している。この頃は、何をしても、「させられ感」のあるイベントが多い。いろんな団体からの動員などによって何かを行うのには限界がある。

中学生も活躍した文化祭の荻店「駄菓子屋」

中学生も活躍した文化祭の荻店「駄菓子屋」

私は、特に、盆踊りの指導には率先して出かけている。今年も、いろんなところへ出かけた。特に、子供達や若者の主体的な参加を期待している。地域住民が主役になるイベントを期待している。いつかこれらが実ることを期待したい。

今日は、先ず、猪野瀨の各区の実態や若者の諸行事に対する取り組みなどについて話し合い、今後どうしたらよいかなどについて、約3時間あまり話し合った。とても有意義な会であったと思っている。

 

「観光まちづくり会社(仮称)」という発想

09 1月

新春放談
かねてから勝山商工会議所会頭の荒井社長とはお互いに「一度お話ししましょう」と約束していた。これまでにも何度も話を聞かせていただいている。お互いに時間ができたので荒井社長のもとへお伺いして2時間ほどいろいろ話をすることができた。

私としては、社長の考えている「観光まちづくり会社(仮称)」についてお聞きしたかった。元旦の商工会議所会報『龍翔る町』にもあったように観光を勝山市の活性化を図る重要な産業に育てたいということはかねてから耳にしていたからだ。

確かに、勝山市は
・北陸新幹線の金沢開業などにより交流人口が着実に増加している。
・県立恐竜博物館は来館者が増加し80万人を超えている。
・白山平泉寺はJR東日本のデスティネーションキャンペーンで取り上げられたこともあり来客数が増加し、そのそうも変化している。(吉永小百合さんがCM 出演)
・年間楽しめるスキージャムや自然遺産が豊富である。
・道の駅も計画に上がり、中部縦貫自動車も一部開通し勝山へのアクセスもよくなりつつある。

もっと生かしたい勝山の観光資源の「恐竜」

もっと生かしたい勝山の観光資源の「恐竜」

こんな話や博物館に対する意味づけ、幸福度指数を重視し国作りを進めるブータンの話、その他勝山の観光資源を生かす話をいろいろ着かえていただき、私も多少持論を述べさせていただいた。

滞在型観光や教育プログラムを提供する観光旅行、体験事業など、考えられることはありそうだ。小・中・高校生が長期の休みを利用して何かを習得するプログラムもできるのではと私は思っている。

ずいぶん前に構想したがIT関係では鯖江市に先を越されたように思う。でも、今からでも「勝山グリーンバレー構想」を考えてみたい。これは、「シリコンバレーの勝山バージョン」だと思ってもらえればよい。そのために、現役時代には福井県で開催された国民文化祭で「IT甲子園」も実施してきた。しかし、今はじり貧である。どうにかならないか、焦りもあるが若い人に考えてもらえないだろうか。

約2時間半ほど自由に話す機会をいただいた。現在進行中や構想中のものもあり、ここにすべてを書くことはできない話もあった。いろいろ聞かせていただき、聞いていただき、ありがたいことだと思う。また、その後の「観光まちづくり会社(仮称)」の話を聞きたいものである。

(今日は、図書館で行われた読書会に、飛び入り参加。『戦場のエロイカ・シンフォニー(私が体験した日米戦)』(ドナルド・キーン+小池政行著)を題材に意見交換が行われた。男性は私一人であった。)

 

PDCAサイクルについて

04 1月

「現状分析」が一番大切だと思う
物事を実行するのにPDCAサイクルが大切だと言われている。PDCAとは,一般に、P:計画,D:実行,C:評価,A:改善と言われている。

しかし、私は現役時代から、ずっとこのサイクル(流れ)には疑問を持っている。現状分析が欠けていると思うからである。現状分析は“analysis of present state”とも“present data analysis”とも英訳される。
そこで、「現状分析」を短く「A」(=“Analysis”)とすると、PDCAを繰り返すよりもAPDCを繰り返した方がよいと思っている。

雪のない正月となった。(→は我が家)地球温暖化の影響だろうか?

雪のない正月となった。(→は我が家)地球温暖化の影響だろうか?

例えば、「少子化問題」を取り上げるならば,「なぜ少子化が起こったのか」を十分分析してみなければならない。それをなくして、新たに、対策を立てて実行してもほとんど成果を上げないだろう。少子化担当大臣をおいて、この問題に長年取り組んではきたが成果はそんなに上がっていないのではなかろうか。

少子化を招く原因は、ざっとあげただけでも(現役時代に考えてみた)、数十の原因が考えられる。それらのうち克服できそうなもの、そうでないものを各方面から十分吟味して、対策を立てなければならないと思う。

物事を一面から見ているだけでは、PDCAのサイクルはそんなに成果が上がらないだろうと思う。少子化を考えるならば、身近な自分の集落の現状から始めて、各地区、町、市、県、……のデータを十分分析し、それらの原因を考察して始めてP(計画)のスタートに立てるのではなかろうか。

実際の問題で、いろんな人と話してみたいものである。早速、今月から実行開始である。

 

歩いてみると

26 3月

街中ウオーキング
今日からウオーキングを再開。まちの様子を知るために、なるべく街中や郊外を歩くことにしている。車では絶対通らない裏道や住宅街を歩くと、これまで見られなかったいろんなものが見えてくる。

以前なら、家が並んでいた通りには家がなくなり、駐車場になっているところが少なくない。郊外に大型店ができて商店街の賑わいはほとんどなくなってしまったように思う。

一方、所々に無人の家がある。このままでは荒れる一方だ。また、その中には赤い文字などで『売家』と書かれた家が混じっている。両方とも同じ運命だろう。

また、立派な庭付きの家もあるが、これらを維持するのは大変だろうなと思ってしまう。車では絶対に見えないモノがあり、車では出会っても挨拶一つできないが、歩いていれば一言声をかけることができる。

追加する紙芝居の一場面。(未完成)

追加する紙芝居の一場面。(未完成)

全国的に、人口減少が問題になり、小・中学校や高校の統廃合が問題になっている。歩いているとまちに活気がないように思えてしまう。何ができるか、自問する日々ではある。

(日記 午前中は、紙芝居の絵を描いた。来週の松岡児童館での出番に備えてのものだ。より面白くするためにストーリーを追加し、絵も加えるのだ。午後は、久々にウオ―キング再会。夜は、「爺ちゃん勉強」。また、平常の生活に戻りつつある。多少、身体に不安はあるが。)