RSS
 

『じいじ達の子供時代』30年がかりでようやく完成

05 5月
30年がかりでようやく完成した『じいじ達の子供時代』(上巻・下巻)
思い出す学校生活

『お父さんたちの子供時代』がいつの間にか
  私は、戦後の「もの」の少ない時期に子供時代を送った。そんな子供時代のあれこれを子供達に伝えたいと思うようになった。  そこで、今から三十年あまり前に我が子達に向けて『お父さんの子供時代』として自分達の子供時代のことを少しずつ書き始めたが、当時はあまりにも忙しく、やらなければならないことがたくさんあって長い間中断していた。

『じいじ達の子供時代』へ 
     退職後、少し時間ができたので、今度は『じいじ達の子供時代』として冊子作りを再開した。本格的に取り組み始めたのはここ四、五年のことである。  ここに書いた事柄は、私の個人的な記録というのではなく、私の集落の人なら誰もが経験したことを中心に書いたつもりである。  あれこれ書いているうちに、項目が増え、一冊には納めきれなくなり、上巻、下巻に分割しなければならなくなってしまった。 

 文章は七五調に ごちゅおうに分主夫は          文章は、長々と説明するよりも字数を少なくした方が読みやすいのではと考え、七五調(詩というよりも定型文)にしたが、結果的には字数に制限があるために、自分の言いたいことを表現するのにはとても苦労した。  そのため、全ての項目に挿し絵(一部当時の写真)を入れることにした。挿絵や写真を見ることによって昔のことを鮮明に思い出していただいたり、周囲の人たちに話すときに役立てていただけるのではないかと考えたからである。

いろんな遊びがあった

文章は七五調に 文章は、長々と説明するよりも字数を少なくした方が読みやすいのではと考え、七五調(詩というよりも定型文)にしたが、結果的には字数に制限があるために、自分の言いたいことを表現するのにはとても苦労した。  そのため、全ての項目に挿し絵(一部当時の写真)を入れることにした。挿絵や写真を見ることによって昔のことを鮮明に思い出していただいたり、周囲の人たちに話すときに役立てていただけるのではないかと考えたからである。また、リズムに乗って読んでいただければ脳トレにも役立つのではと思っている。

思い起こせばいろんな食べ物があった
女の子独自の遊びもいろいろあった

回想法に有効では~脳トレ~ 
   高齢になると自分から求めない限り、会話の機会は減っていく。様々な技術もいろんな知識も忘れていく。
 ところが、昔のことを思い出し誰かと語ることは脳の活性化にはよいそうだ。本書夜がそれに役立てば幸いである。本書は七五調にしてあるために、膝でリズムを取りながら読んでいただければさらに脳トレになると私は期待している。

 
 

30年がかりでようやく完成!  『じいじ達の子供時代』

05 5月

『お父さん達の子供時代』がいつの間にか 私は、戦後の「もの」の少ない時期に子供時代を送った。そんな子供時代のあれこれを子供達に伝えたいと思うようになった。   そこで、今から三十年あまり前に我が子達に向けて『お父さんの子供時代』として自分達の子供時代のことを少しずつ書き始めたが、当時はあまりにも忙しく、やらなければならないことがたくさんあって長い間中断していた。 そのうちに子供達は大きくなってしまった。

ようやく完成した『じいじ達の子供時代』の上巻下巻が完成した。

『じいじ達の子供時代』に変更  退職後、少し時間ができたので、今度は『じいじ達の子供時代』として冊子作りを再開した。本格的に取り組み始めたのはここ4、5年のことである。
 ここに書いた事柄は、私の個人的な記録というのではなく、私の集落の人なら誰もが経験したことを中心に書いたつもりである。

学校生活より

孫や周囲の人たちと話すきっかけに 文章は、長々と説明するよりも字数を少なくした方が読みやすいのではと考え、七五調(詩というよりも定型文)にしたが、結果的には字数に制限があるために、自分の言いたいことを表現するのにはとても苦労した。
   そのため、全ての項目に挿し絵(一部当時の写真)を入れることにした。挿絵や写真を見ることによって昔のことを鮮明に思い出していただいたり、周囲の人たちに話すときに役立てていただけるのではないかと考えたからである。

孫や周囲の人たちと話すしきっかけけに  あれこれ書いているうちに、項目が増え、一冊には納めきれなくなり、上巻、下巻に分割しなければならなくなってしまった。  最初は子供を対象にと思っていたが、今はやはり同世代あるいはそれ以上の人たちに先ず読んでいただきたいと思っている。そして、各々自分の経験を加えて、次の世代に語っていただければと思う。

様々な遊び

脳トレを考慮して文章は7七五調に  また、文章は、長々と説明するよりも字数を少なくした方が読みやすいのではと考え、七五調(詩というよりも定型文)にしたが、結果的には字数に制限があるために、自分の言いたいことを表現するのにはとても苦労した。しかし、リズムに乗って読んでいただければ脳のトレーニングになるのではないかと思っている。  

女の子たちの遊び
食べ亜tべ物の思い出

ようやく完成  『じいじたちの子供時代』の上巻を出してから2年ほどの歳月が流れた。この間、書店や個人の方々から「下巻はまだか?」との催促の電話をいただいた。原稿はできていたが、あれこれ手直しをしているうちに時間がかかってしまった。そして今日5月5日にようやく下巻を出すことができた。

五日に

⑤月

の最速の『』ss樹夫館を

 
 

2019『勝山ふるさと祭』盛況!盆踊り大会

04 9月

  本番の盆踊り大会が始まる頃には辺りはすっかり暗くなった。櫓の提灯に灯りがともり、三味線や尺八、太鼓に乗って勝山の民謡が歌が流れ出す。
  今年は越前信用金庫の方々がそろいの浴衣で参加して下さった。支店長さんも男女の行員に交じって汗を流しておられた。子供から80歳あまりの人までが櫓を囲んで夏の夜を盆踊りで楽しんで下さった。何よりも天候にも恵まれて有り難かった。多くの人達にただ感謝、感謝。
 

すっかり暗くなったゆめおーれ広場に生伴奏の勝山民謡が流れ、老若男女が無心に踊る。
時々加わるハイパー民謡にみんながはじける!そして静かな勝山の伝統民謡「長柄節」の穏やかさ。静と動とがほどよく混ざり合って勝山の夏の夜は更けていく。
 
No Comments

Posted in 祭り

 

2019『勝山ふるさと祭』盆踊りデモンストレーション

03 9月

   盆踊り大会の前にステージを使って盆踊りデモンストレーションを行った。よさこい演舞の後、最初は踊り隊ひらりによる「東京五輪音頭2020」だ。続いて、園児による「パプリカ」と勝山の新民踊「チャマゴン音頭」。
  さらにハイパー盆踊り(音楽がポップなどの現代音楽で振りは盆踊り)「ダンシングヒーロー」と「EZ  DO  DANCE」の2曲。
  最後に、参加希望者による民踊町流し「勝山よいとこ」。そのうちに勝山の伝統芸能にしたいと思う。まだ始めて10年あまりの歴史しかない。それでも生伴奏で演技をすることができた。


盆踊りデモンストレーション 少しずつあたりが暗くなり始めた。

 
No Comments

Posted in 祭り

 

2019『勝山ふるさと祭』ふるさとステージ 野良打ち

02 9月

  祭りはやはり太鼓だ。それも大がかりな団体打ちではなく、どこの神社でも気軽に太鼓を楽しむことのできる野良打ちだ。
  たまたまその場に居合わせたものが即興で打ち合う野良打ちだ。太鼓一つあればそれでいい。昔はどこの神社でも盛んに太鼓の音を聞くことができた。今は皆無である。何とか、準備の入らない野良打ちを復活させたい。
  今年も越前野良打ち衆の野尻さん達が駆けつけて下さった。少しずつ盛り上げていきたいと思う。
   今年は声をかけて置いた勝山高校の生徒諸君も数名参加してくれた。見知らぬ人とバチを交える楽しさを味わってほしいと願う。

 

世の中に太鼓好きはいるものだ。もっともっと増やして各地区の神社の祭りを盛り上げたいと思う。


 

 
 

 2019『勝山ふるさと祭』総括 (その1)準備

01 9月

  4月から準備を始めた今年の『2019 勝山ふるさと祭』は終わった。いつも痛感することだが、始まったら終わるということだ。
  となれば、やはり本気で取り組まなければ事はうまく運ばないだろうし悔いがのこるだろう。いくつか妥協したことがあったがとにかく終わった。次回の反省としたい。

 

【盆踊り練習】 ・公式練習10回(教育会館)  ・保育園練習(5回)  ・各種団体練習(5回)
  【伴奏隊練習】 ・個別練習(3回) ・全体練習(2回)  【各種イベント出演】 ・地区納涼祭等(4回)

 練習会に新しい参加者の顔が見えるのは嬉しいものだ。練習会を重ねる毎に新しい顔が増えて心強く思えた。

 
 

2019『勝山ふるさと祭』いよいよ準備開始

01 4月

 今年も上手くいくのだろうかと、多少の不安を抱えながらの『ふるさと祭り 盆踊り大会』の船出であった。
  完全に廃れた盆踊りの復活は容易ではない。ここ10年あまり取り組んで少し手応えをつかみかけたところである。しかし、まだまだ前途多難である。
  それでも応援団が少しずつ増えているのが有り難い。軌道に乗るにはまだ数年はかかるであろう。

人は集まるか、天候はどうか、不安の中での船出であった。

 
No Comments

Posted in 祭り

 

「~地域で楽しく暮らし続けるために~」(演題)

12 3月

講演「地域で楽しく暮らし続けるために」 (講師 永井裕子氏)会に参加して
   地区の活性化委員として講演会に参加させていただいた。多くの講演会は、タイトルを見ても参加意欲が湧かない場合が少なくないが、今回は〝楽しく〟に目が止まった。期待して参加した。
   参考になることが多かった。 自分でも何かできることがあるような気になった。
 心に残ったことをいくつか挙げてみると次のようなものだろうか。
○ 長生きの秘訣として最も影響の大きいのは?・・・つながりがある 
○ 少子化から無子高齢化・一人暮らしの高齢者の増加・ダブルケア
○ 社会的つながりと認知症
○ 関心縁と課題縁   
  ・施設に入っておられる高齢者の方(講師)による焼き肉のタレ作り
  (人はいつまでも誰かの役に立つことを望んでいる。人は関心のあるところに集まる。そして、そこから何かが始まる。)
○ 増進型地域福祉という考え方
等々、具体例を加えながらのお話であった。具体的な行動につながりそうだ。
  講演後、最前列にいたせいか、講師の先生から突然マイクを向けられた。話す機会を与えられて有り難かった。
  講演中、今後のまちづくりのためにも講師の先生のお勤めになる県立大学の学生さんと接点を持ちたいなあと考えていた。お願いしなければと思っていたところ、講演会の終了後、先生の方から話しかけてこられた。感謝。
  今後、どう話が進むのか、まち作りに若い人の意見は不可欠なので期待したい。(先生はお休み中ということで赤ちゃんを連れて来られた。赤ちゃんは別室でママを待っていただろうに時間をとって申し訳なかった。)

団体には無料(送料のみ)で寄贈させていただきます。




 
 

ふるさと祭 実施報告(5) 和太鼓の野良打ちと路上ライブ

24 9月
夏の暑さを吹き飛ばす「野良打ち」と「路上ライブ」
 
 

ふるさと祭 実施報告(4) 郷土芸能と菓子まき

23 9月
鹿谷の銭太鼓と菓子まき