RSS
 

Archive for the ‘人’ Category

志を立てざるべからず

31 1月

『吉田松陰一日一言』より
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』がスターとした。あまり人気がないという。総理のふるさと山口が舞台だ。以前に何度か、修学旅行で高校生達と吉田松陰のふるさと萩や松蔭の私塾「松下村塾」を見学した。

味わう言葉がたくさん載っている本。

味わう言葉がたくさん載っている本。

この地を訪問するに当たって、松蔭の時代の歴史を事前に学ばなければ、「松下村塾」と言っても、単なる小さな一軒家にしか過ぎず、訪問の目的を果たせないと考えたものだ。

数日前、図書館で『吉田松蔭一日一言』を借りてきた。大河ドラマも見ているので何か得るものがあるだろうと考えてのものだった。サブタイトルに「魂を鼓舞する感奮語録」とあるように激しい言葉が並んでいた。

「道の精なるとならざると、業の成ると成らざるとは、志の立つと立たざるとにあるのみ。故に士たる者は其の志を立てざるべからず。夫れ志のある所、気も亦従ふ。志気の在る所、遠くして至るべからざるなく、難くして為すべからざるものなし。」

訳】人としての生き方が正しくすぐれているかそうでないか、また、仕事や勉強などがうまくいくかいかないかは、志があるかないかによる。

 だから、武士たる者は志を立てないわけにはいかない。つまり、志があればやる気もまたそれに従うものである。志とやる気があれば、目標が遠すぎて到達することができないということはなく、また、難しくてできないということもない。

なるほどと思う。誰もが味わうべき言葉であると思う。楽しくやらねばと思う。励まされる言葉がたくさんある本だ。

(日記 午前中は、事務処理。午後は家内と「市営プール」へ行く。もっぱらプールの中を歩き、少し泳ぎ、サウナ、ジャグジー風呂を二回りして帰宅。外は雪だが、中は夏。汗をかいていい気分だった。帰宅して孫の学習計画立案。)

 
No Comments

Posted in

 

遠方より友来る

15 11月

50年前の先輩
 私は、大学入学直後、バンドを組みたいと思っていた。寮で仲間を集めて合奏等を楽しんでいた。そして2年になった時、1学年上の工学部の連中がバンドを始めたの、私も入部することにした。

 そして、大学でのバンド活動が始まった。そのとき、1学年上で初代の軽音学部部長を務めたSさんが福井での同窓会の後、私のところへ尋ねてくることになった。(私は2代目部長)

 私の事務所で約2時間雑談をした。Sさんは、私の使っている音楽ソフトに特に興味を持ったようだった。昔話やこれからのことなどいろいろ話が弾んだ。

 その後、焼き鳥屋でさらに2時間歓談した。いつかは初代のメンバーでバンドをやりたいという願いを持っている。今の予定では、再来年、福井でのOB演奏会に一緒にバンドを組む予定だ。

会場の体育館を「お祭り広場」に変えた後、一休み。さわらび会の皆さんの作ってくれたおにぎりをいただいた。

会場の体育館を「お祭り広場」に変えた後、一休み。さわらび会の皆さんの作ってくれたおにぎりと味噌汁をいただいた。

 50年前に一緒にバンドをやっていたおかげで、二人とも、青春時代に逆戻りした様な気分になった。OB会の合い言葉「第二の人生に音楽を」をこれからも大切にしたいと思う。50年前の先輩との再会が又、夢や勇気を与えてくれたように思う。

(日記 午前中は、いのせ文化祭の準備のために、体育館へ行った。前半は、会場設営。後半は子どもたちのために、『駄菓子屋』開店準備。一段落したところで食生活改善推進員「さわらび会」の皆さんの作ったおにぎりをいただいた。その後も、模擬店開店の準備や看板作りなどを続けた。50年前に一緒にバンドを組んでいたSさんが私を訪ねてきた。午後3時から午後7時まで私の事務所と焼き鳥屋で歓談。旧交を温めた。)

 
No Comments

Posted in

 

若者達の輝く瞳

29 9月

異国の若者に励まされる

参加国の若者達を前に、講義。

参加国の若者達を前に、講義。

 今日は、大野の研修センターで、新しく日本へやって来た外国人研修生に講義をする日。今までは、全て中国人だったが、今日はミャンマーとカンボジアの研修生が加わるのだ。

 早速、9時からの講義に合わせて、8時半頃に自宅を出て研修センターへ向かった。いつもとは顔ぶれも肌に色も違っている。しかし、みんなの目が輝いていて、笑顔が見える。

 早速、パワーポイントを使って講義を始めた。一限目は、日本で気持ちよく働くためのアドバイス。例によって「あかおやま」について話した。あ:挨拶、か:感謝、お:思いやり、や:約束、ま:マナーについてだ。

 二限目は「日本の四季」について話した。雪を見たことのない研修生もたくさんいるのだ。「冬」の項では、雪囲いや雪かき、除雪、スキー、スノーボードの写真を示しながら、話した。

必ず取り入れるダンス。みんな、笑い声が絶えなかった。

必ず取り入れるダンス。みんな、笑い声が絶えなかった。

 3限目は、歌と踊り。家内も応援してくれた。講義室には、終始、笑い声が絶えなかった。研修生の輝く瞳に接して勇気をもらった一日だった。特に、ミャンマーやカンボジアの研修生には、母国語の他に、英語をかなり理解できる者がいた。素晴らしいことだ。講義の最後に、「Dream and Action」について話して講義を終えた。

 
No Comments

Posted in

 

増える外人三役力士

07 3月

相撲の国際化が意味するもの
幕内の上位力士を見るとモンゴル始め外国人力士がずらりと並んでいる。特に、白鵬の安定感は抜群だ。日本人力士とは、ハングリーさが違うのだろうか。

今日は午後7時からテレビで『スモウスピリット』と題してエジプト出身力士「大砂嵐」を特集している。彼の相撲に取り組む姿勢は素晴らしい。この姿勢は日本人力士ばかりでなく、私にも勇気を与えてくれる。

彼は、日本の相撲にあこがれて入門を目指したが、7つほどの部屋からすべて断られ、ようやく大嶽部屋に入門できたという。彼のことばをいくつか紹介すると、次のようおなものがある。

「石にかじりついても夢をかなえます」と語る大砂嵐関。応援したくなった。

「石にかじりついても夢をかなえます」と語る大砂嵐関。応援したくなった。

「私は相撲を取るために生まれてきた」
「相撲は大好き。一番大好き」
「相撲(の世界)は一つの特別な国です。力士だけは別世界です」
「まるで24時間で48時間分のことをやらされているようです。」

その後、精進して十両優勝。そして幕内へ。最初の場所は負け越し。

「どんな相手が目の前に来ても乗り越えるべき最大の敵は自分です」
「相撲は人生そのものです。夢は横綱になること それは変わりません。石にかじりついても夢をかなえます。」

このハングリーさと、まじめさ、研究熱心さ。私は大いに感銘を受けた。多分、モンゴルから来た力士もそうだろう。日本人力士も大いに見習ってほしいと思った。

(日記 午前中は、区の事務処理。今月は定期総会があるので事務的には忙しい。午後は、家内と事務所へ。私は、数学、家内は手芸。午後3時から、ちらつく雪の中をウオーキング。防寒対策をして出たので、体はポカポカしていた。事務所へ戻り作業継続。その後、家内と三味線練習。)

 
No Comments

Posted in

 

由紀さおりさんからのメッセージ

12 2月

K幼稚園での『童謡で伝える会』に参加して
福井の孫が通うK幼稚園で、“由紀さおりさんによる『童謡で伝える会』(コンサート)”があると長女から知らせがあった。祖父母も参加してよいということなので、家内と一緒に参加することになった。

コンサートは、午後1時半からだった。幼稚園の玄関で並び、1時に体育館へ入った。椅子が並んでいて、一番前の席だった。ほんの2、3m前で由紀さおりさんの歌や話を聞くことができた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

午後1時半にコンサート開始。当日のプログラム。

1.由紀さおりさんのお話
2.子ども達の歌の発表……孫も元気よく歌っていた。
3.由紀さおりさんの歌とお話
4.参加者全員で合唱
5.由紀さおりさんの歌とお話

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○ 由紀さおりさんと握手会

由紀さおりさんのコンサートのチラシ。

由紀さおりさんのコンサートのチラシ。

話の中からいくつか紹介すると次のようであった。
・学校コンサートをやって来た。最初はいつも400校ほどの学校から申し込みがあった。しかし、最近では30校ほどになった。校長の世代交代、教職員の忙しさ、童謡などの日本の音楽ではコンサート開催に仲間の協力が得られない。

・今のままでは日本の歌は伝わっていかないだろう。子育てママに伝わらなければ日本の歌はなくなってしまうだろう。

・子どもを寝かしつけるとき、子守歌を歌うママが激減。読み聞かせもわずか。

・読み聞かせも子どもの呼吸の速さに合わせて語る。

・子守歌は綺麗な日本語で作られている。

・今の歌はボキャブラリーが少なくリズム中心。映像中心。

・日本の歌は旋律や言葉が大切にされている。

・幼児の成長期の音楽環境は必ずしもよくない。安定感や情緒感がない。子どもが音楽を選べない時期には綺麗な日本語の歌を聴かせたほうがよいのではないか。

・子どもの歌がたくさんあるのは日本だけ。

・文科大臣と話したが、小学校5年から始めている学校英語を3年生から始めると言っていた。英語は将来の必須アイテムかもしれないが、それ以上に日本語をしっかり理解していなければならない。

・最近のJポップでは「花」と言えば「サクラ」とパターン化している。

・ゆったりした空の下、広々とした自然の中での子育ては大切。

・日本語は、「抑揚」「旋律」「鼻濁音」を大切にする言語。
○ 濁音と鼻濁音の違い:「が(ga)」と「が(ンガ)」(発音記号が表せないので理解して欲しい)
(例)学者の「が」と中学校の「が」の発音は、本来は異なるが、今は同じになってしまっている。

・ 「私(由紀さおりさん)」と「姉」と「さだまさしさん」の3人で「びびびの会」を作っている。(鼻濁音の大切さを訴えるために)

・日本はとても美しい国。四つの季節がある。しかし、今は二つの季節しかないかのように暮らしている。(Tシャツとジャンパーで過ごせる。)

・昔は、着物も季節に合わせて、「ひとえ」、「あわせ」、「うすもの」などがあってそれらを着こなしていた。

・日本の歌によって「見たこともないもの」「聞いたこともないこと」「教えてもらったことがないこと」に対して想像力を高めることが出来る。

・目に見えないものこそ大切。それには想像力が必要になる。

・メールを多用することは、「煩わしさから逃げている」。煩わしさの向こうに、人と人との関わり、思いやり、幸せがあるのに。

・今の子どもに必要なことは、「自分のことを自分の言葉で伝える力」である。

・お母さん方には、初めて母になった日のことを思い出して下さい。母になった幸せを感じ、ゆったりと気持ちを落ち着かせ、子育てをしてほしい。そのためにも歌を活用して下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上のようなことをおっしゃったように思う。そしてその合間に、ピアノ伴奏で綺麗な歌を聴かせて下さった。

最後の握手会では、お礼と共に、由紀さんのおっしゃった「私も、英語は大切ですが、日本語はそれ以上に大切だと思っています。」と申し上げたところ、うなずいておられた。手を握りながら短い会話を交わすことが出来たのは、光栄であった。

私の今後の活動の中に、今日聞いた由紀さおりさんのメッセージが生かされていくだろうと思う。子育てにおける歌の大切さ、日本語の大切さ、そして、日本のよさを再認識した一日だった。

孫達の夕食の準備をする家内(長女宅)。

孫達の夕食の準備をする家内(長女宅)。

(日記 朝一に歯医者。その後、福井へ向かう。途中でショッピングと昼食。午後1時半から福井の孫が通うK幼稚園で開催される『由紀さおりコンサート(歌とお話)』に家内と二人で出かけた。孫と一緒に、長女宅へ戻り夕食。その後、レスリング教室へ孫達を連れて行き、しばらく見学した後、長女とバトンタッチ。)

 
No Comments

Posted in

 

議論をすること

08 2月

意見と強要
私は議論をすることが好きだ。しかし、いくら議論は好きだからと言っても、けんか腰になって相手のいうことを聞かなかったり、自説を強調するあまりにそれを強要するような人と同じ時間を持つのは苦痛以外の何物でもない。

時間の無駄というものだ。経済評論家の勝間さんではないが、「消費的時間」以外の何物でもない。自分のことを棚に上げて言わせてもらうならば、年を取ると頑固に超がつくような人がいるがそんな人とは話したくない。

私流に言わせてもらうならば、議論というのは、その中から自分になかったものを見い出せたり、新しい発見があると思っている。もしもそれがないとしたら、「消費的時間」ばかりでもったいない。

何も意見の出ない会議などで決まった事柄は、誰かの一方的なアイディアや命令で物事が進められ、結果に大きな期待が持てないと思っている。

集団に活気が見られないようでは何をやってもレベルの高い方向へは行かないように思う。たとえ原案に反対であろうと、いろんな方向からの意見は原案に磨きをかけ、よりよい方向へ向かうと私は信じている。

誰も何も言わないで決まった原案は、不備が多いと思っている。そういう意味では、会議や話し合いで活発な議論を期待したい。

政治の世界でも、活発な意見が、原案をより確かな方向へ導くのである。そういう意味では健全な野党があって初めて与党は伸びていくのだと思う。今は、野党が弱小で与党の暴走に歯止めがかからないのではと危惧する。

しかし、歳を取ると頭が硬直化し、意見が偏り、融通が利かない人が周囲には少なくない。私も、他山の石とし、反面教師として、学ばなければと思っている。

(日記 午前中、事務所で数学、民謡の楽譜書き。午後も、事務所で作業を継続。午後7時から村の道場で屋根を直すための話し合い。終了後、3時間ほど議論していた。面白かった。)

 
No Comments

Posted in

 

アメリカ人講師に聞く

28 1月

アメリカ人の目から見た日本
私の地区には、アパートがあり、いつでも外人の英語指導助手の先生が住んでおられる。その中で、昨年から知り合いになった先生の一人に若いアメリカ人女性J先生がいり。

ゴミ集積所や市の広報誌の配布で顔を合わせているうちに、話すようになった。そして、昨年の村の秋祭りではカラオケを歌っていただき、猪野瀬地区の文化祭では私達のオカリナバンドと一緒に出演していただき、歌を歌ってもらった。

今回は、私が作っている『かたせ瓦版』に登場していただこうとインタビューを申し込んだところ、快諾。そして、午後4時過ぎに事務所へやって来た。

アメリカでの生活や小・中学校のこと、高校や大学のこと、日本留学や今のALT(外国語指導助手)の仕事のこと、そして、英語についてなどいろいろ話を聞いたり話し合ったりした。

インタビューに答えてくれたJさん。

インタビューに答えてくれたJさん。

これからのグローバル社会に向けて、日本政府も英語に力を入れると言う。小学校から今以上に英語を取り入れるという。しかし、そのやり方にはまだまだ研究の余地があると思う。

あまりにも、学校ばかりに負担を押しつけると、英語嫌いを増やすばかりでなく、他の教科にしわ寄せが及んだり、多忙化を招くことになりはしないかと心配になる。

それにしても、青春真っ最中のJさんを見ていると、うらやましくもあり、自分も元気で生きていかねばと思ってしまう。何はともあれ楽しい時間を持つことができた。

(日記 午前中は問題集作り。「数列」は作り終わったので、今日からは「ベクトル」に取り組むことにした。午前中いっぱいかかって『重要例題』一問(解説、解答、セオリーなど)しかできなかった。全部で10問あるので10日以上はかかることになる。それでも、少しずつできあがっていくので1年後が楽しみだ。午後4時過ぎからアメリカ人英語指導助手のJさんにアメリカの生活についていろいろ聞かせていただいた。)

 
No Comments

Posted in

 

作家の想像力と創造力

17 1月

吉川英治氏の『親鸞』を読んで
創作紙芝居『親鸞』をより充実したものにするために、吉川英治氏の『親鸞』(上・中・下)を読んでいる。資料(史実)と創作を交えて書かれたこの物語は小説としてはとても面白い。

まるでその時代に居合わせたように、生き生きした会話などを取り入れながら、物語が展開していく。よくもこのような長い物語を書けたものだと感心する。

資料を取り入れながら、登場人物を決め、ストーリーを決め、話を展開させている。おそらく、史実にない人物を登場させているのではなかろうか。

テーマをより鮮明にするために、想像を巡らし、創作されているのだろうと思う。書かれたことは創作であっても、伝えたいことは真実ではなかろうかと思う。

ああ、小説が書けたらなあと思う。上手に書こうとは思わない。書きたいこと、伝えたいことを自分流に書けたらなあと思う。書きたいテーマは少なからず持っているつもりだ。

今年のやってみたいことの一つに入れてみたいと思う。幸い、知人に小説を書いている人がいる。「一度、温泉で創作について語りましょう」と年賀状に書いたところ、年賀状を2枚いただいた。

二枚目の年賀状は私の提案に答えてくれたものだ。今、完成間近の小説(9割ほどは書いてある)がある。添削してもらって完成させたいものだ。

それにしても、作家の想像力と創造力に感服する。私など足下にも及ばないが、下手は下手なりに、今年は小説を書いてみたいという気になった。

(日記 終日、吉川英治氏の『親鸞』を読んでいる。こたつに潜って。面白い。感動しながら、読んでいる。急に小説が書きたくなった。書けないと分かっていながら。)

 
No Comments

Posted in

 

前を向いていれば

15 11月

前向きに生きれば仲間はできる
猪野瀬地区の文化祭に出ることになった。例年は新作の挿入芸を作って銭太鼓『片瀬豊年囃子』を猪野瀬の文化祭で披露してきたが、今年は、新作を考えなかったので、新たなものをすることにした。

短時間のステージなので、生演奏で歌を披露しようと考えていた。子ども、高齢者、片瀬に住む外国人の三名に歌ってもらうと決めた。しかし、直前になって子どもが都合がつかないというので、大人だけで発表することにした。

舞台では3曲伴奏しながら歌を歌ってもらうので、村の高齢者のFさん(77歳)、アメリカ人ALTのJさん(22歳)、そして、みんなで復興支援ソング『花は咲く(Flowers will bloom)』を歌ってもらうと決めた。

『花は咲く』はJさんには英語で歌ってもらうことにした。そして、今日は、事務所で練習をした。事前に『花は咲く』を英語と日本語の歌とカラオケをCDにしてJさんに渡しておいたので、練習はだいたい上手くいった。

もう1曲は、彼女のリクエストの中から選んだもので、『Hey,Soul Sister』だが、全く知らない曲だったので、YOUTUBEで曲を聴き、カラオケCDを作った。

事務所で歌の練習の後、「はい、ポーズ!」。中学校のALT(英語指導助手)のJさん。

事務所で歌の練習の後、「はい、ポーズ!」。中学校のALT(英語指導助手)のJさん。

ところで、私とJさんのつながりは、音楽だ。好きな音楽で少しでも地域の人たちに楽しんでいただきたいという気持ち二人を近づけたのだ。音楽がなかったら、二人は同じ地域にいながら、ゴミステーションで挨拶を交わす程度だろう。

前を向いていれば、思わぬ人と仲良く一つのことに取り組むことができるのだ。太鼓の好きなALTともこれまで何度も練習したり発表したりする機会があった。

これからも、前を向きながら、いろんな人たちといろんなことを楽しみたい。「前を向いていれば誰とでも仲良くできる」・・・これが私の信念だ。そして、実際にそうなっている。

(日記 朝から、天候が悪いので、ずっと文化祭のカラオケづくり。ようやく4時頃にできあがった。午後4時半から、事務所でALTのJさんと『いのせ文化祭』に歌う歌の練習。久々にギターを弾いた。午後7時から、『農事組合法人かたせ』主催の収穫感謝祭の打ち合わせ。私は、昨年から自ら買って出てゲーム運営とその景品買いを引き受けている。業者に景品を揃えてもらう「お任せ」ではなく、自分で一つずつ景品を選んで買いそろえるのだ。予算は高くないが、おいしそうな食べ物を中心に、日用品なども選んで買うつもりでいる。)

 
No Comments

Posted in

 

似顔絵

13 11月

似顔絵好きの後輩
昨年の大学軽音学部のOB会のメンバーの中に似顔絵好きのメンバー(C君)がいることがわかった。その彼が、メンバーの似顔絵を描きたいという。

そして、メンバーが皆、彼の元へ写真を送った。私の場合は、他のメンバーが私の写真を彼の元へ送ってくれた。その写真が今日届いた。上手いかどうかというよりも、とにかく、自分に似たところがあると思った。

私も似顔絵に興味がないわけではないが、描いている時間がない(モッタイナイ)ので諦めているが。しかし、C君は病気を克服して、似顔絵を描き、短歌を作っている。狂歌と言えなくもない。

そのどれもが、クスリと笑える。彼も軽音楽部ではドラムを叩いていたのだ。私の跡継ぎでもある。楽器は弾けなくなったが、創作活動で頑張っている。似顔絵と短歌が彼の人生に彩りを添えているように思える。

人はいつどこでどうなるか分からないが、創作活動が自分以外の人との結びつきを深めている。同時代に部員であったことはないが、親しみが持っている。

絵を描くこと、創作活動、ドラムと自分に近いことに取り組んでいる彼だけに、余計親しみを感じる。これからも彼の創作活動が続くことを祈る。似顔絵を描いてくれたことに感謝しながら。

(日記 朝から、パソコンに向かって『かたせ瀬瓦版』づくり。今回は、たった2ページだが、結構時間がかかる。午後7時半から、和太鼓メンバーがフラダンスの自主練習をしている。忙しかったので、練習の終わりに顔を出してしばし歓談。)

 
No Comments

Posted in